2014年07月09日

「地獄坂」から「楠木坂」へ

地下鉄学園都市駅のマクドナルドを過ぎ、横断歩道を渡るとすぐ外大の門。でも実際の門は無い。低い車止めの柱があるだけ。
P1000560.jpg

いにしえの六甲学舎に向かう桜の「地獄坂」でなく、楠の茂る極めてなだらかなスロープを歩き始めると、喫煙警告看板の下にさりげなくあるのがこれだ。
P1000561.jpg

ずっと気になっていた。「職員と学生」とだけあるのが実にいい。でも気になる。だから気になる。
ある日、ちょうど水やりしているところを通りがかったので聞いてみた。「ボラコ」の皆さんであった。「神戸市外国語大学ボランティアコーナー」は2006年設立の学生と地域を結ぶ大学の組織だ。7月1日学生会館の2階奥にあるボラコを訪ねた。コーディネーターで大学職員である代表の木場さんは出張中だったが、副代表の森祐実さんが色々教えてくれた。海外ボランティア活動交流から被災地復興支援活動から地域の福祉・教育支援までその活動は実に多種多様だ。今月は新たに「リユースプロジェクト」も始めた。家具(カーペット、食器、座布団、掃除機、電子レンジ、炊飯器、椅子(分解可)、スツール、座卓)を主としているが他にも持て余した文具関係等も。募集期間は7/7〜7/16で段ボールの有無を申込の際に聞くなど合理的に実行できそうだ。HPもブログもツイッターもフェイスブックもあるので覗いてくださいとこと。
なお外大には、ボラコ以外にも、社会的な問題の解決を目指し活躍している団体が沢山ある。今回はその団体名だけ紹介させていただく。「SHARE」、「十人十彩」、「Habitat
MANA」「NICE」、「TRY」「日本語学習を助ける会
P1000559.jpg
posted by 楠ヶ丘会 at 17:16| Comment(1) | クラブ
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます。
新鮮な情報が得られていいですね。
神戸市外国語大学と楠ヶ丘会の発展を祈っております。
Posted by 木下 聰 at 2014年07月11日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。