2014年08月23日

芥川賞と直木賞 ー 平尾隆弘

神戸新聞夕刊のコラム「随想」欄に今月も平尾隆弘さん(学部19EC)の表題のエッセーが載っていました。記事の上をクリック→拡大してお読みください。

       SKMBT_C22014082212110.jpg

 明日は、オープンキャンパスです。すでに学内には立看板、貼り紙が用意され高校生たちを待っています。教員、職員、学生が一体となりフレンドリーに迎えることでしょう。10日(日)中止の人達を合わせて、4千人を越えることはあるのでしょうか? でも、3,000人は越えた〜と嬉しい悲鳴が聞こえてきそうです。
みなさん、てんてこ舞いでがんばって下さいね。
 
さて、むこう1週間、私ブログオーナーは、中国東北の農村の小さな小学校で、英語の授業やカレー給食、スポーツなど教育交流に行ってきます。今年で3回目(タンフール―の会としては8回目)になります。昨年の報告は、楠ヶ丘会ホームページのリレーエッセイ第79弾(昨年の10月号)にありますので、関心お持ちの方はご覧ください。

と言うわけでこのブログは多分、1週間お休みさせていただくことになります。お許しください。
posted by 楠ヶ丘会 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 卒業生
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102662177

この記事へのトラックバック