2014年09月21日

芥川・直木賞と文芸春秋 平尾隆弘前社長講演会

既にこのブログでも紹介してきました本学OBの平尾隆弘氏(文芸春秋前社長)の講演会が以下の要領で開かれます。FAX・e-mailで先着受付70名とのことです。お早めに申込みを。

   SKMBT_C22014092118140.jpg
   
画面で見づらい方は

FAX:078−794−8160
e-mail:shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp
posted by 楠ヶ丘会 at 18:10| Comment(0) | セミナー

2014年09月19日

研究会、セミナーなどなど・・・

朝晩肌寒くなりましたが、大学はまだまだ夏季休業中です。
とは言っても先週から集中講義は始まっていますし、クラブ活動も盛んで例えば弓道部、ラクロス部が活動中であることは、姿や持ち物で直ぐ分ります。食堂もそれなりに賑やかですが、少しゆったりムードが感じられます。

ところで今日は写真のようなセミナーが午後5時過ぎまで行われていました。
     P1000613.jpg

又先週は2日間に渡り写真のようなセミナーが、神戸市在学、在住の女子学生を対象として開かれました。
働きながら子育てをして頑張る先輩の話がたくさんあったようです。
       
       P1000612.jpg        

営業は卒業し、経理部門に進みたいと産休中に日商簿記1級取得を目指した人の話。

「静かにしてくれる貴重な時間は授乳中だから、片手で子どもを抱き、片手でペンを持って勉強しました。それで合格し、希望を果たしました。」

「・・・・、されど母は強し」少数の在席男性陣は、まさにそのものを感じさせられました。




posted by 楠ヶ丘会 at 17:55| Comment(0) | セミナー

2014年07月15日

オープンセミナー 2014 前期

P1000567.jpg
           
                (開講時間帯にちょっと間違いが。。。。。)
大学の地域貢献の一環として神戸外大では、オープンセミナーが実施されています。
場所@学園都市:神戸外大キャンパス A三宮:神戸国際協力交流センター
前期と後期にわかれそれぞれ語学、教養の複数講座が開講されています。詳細は神戸外大のHPを。

今日は「中国の環境問題について考える」の第1回でした。ぜひ学びたいと思っていましたが、事情で4回のうち2回しか参加できないので申込せず今日が来てしまい、でもやっぱり少しでもと遅れて201教室に飛び込みました。
櫻井先生の第1回目のテーマは「中国の大気汚染の現状と対策」となっていましたが、第2回目の「水質汚濁・土壌汚染の現状と課題」が中心だったようです。(冒頭に説明があったかもしれません)
たくさんの写真と地図を用いて大変わかりやすくお話しされました。

P1000568.jpg

 (1)東(沿岸部)から西(内陸部)への「公害輸出」(移動)がされていること。
    そのために貧しい農民層が一番の被害者になっていること。
 (2)広東省の国有鉱山からは、日本の足尾銅山の3倍以上の汚染が広い大地で起きていること。
 (3)准河流域の2000年末までのクリーンアップキャンペーン終了後は再び“The river runs black.”
    「河は黒く流れる」となった写真も見せていただきました。
 (4)後半は「大気汚染」→「pm2.5」のことになり、政府の「軽微な汚染状態」発表が、北京のアメリ    カ大使館による測定値公表により覆されたこと。今ではリアルタイムで「AQI China」で知るこ    とができること 。
 (5)がんの発生率が異常に高く、患わっていた村長さんは2回目の訪問では亡くなっていたこと。
 (6)それでも(どうしたらなくせるか?)→「汚染がなくなるのは山で鉱石を取れなくなった時だ」
    (訴えないのか?)→「あなたは父親を殴れますか」が村民委員会幹部の答えだったこと。
 その他たくさんの事を教えていただきました。
 かって、1株株主になり水俣病の問題に関心を持っていました。その頃の日本の企業や政府の対応を思いだし、当時者が声を挙げ、それを支援するということは今の中国ではさらに難しいことだろうと感じました。
posted by 楠ヶ丘会 at 21:23| Comment(0) | セミナー